blog
FCMG
FCMG BLOG
1 | 2 | 3 ... 15
2021.09.13
カテゴリ : 人事・労務

こんにちは、総務の藤井です。
10日に田村憲久厚生労働相が記者会見で表明した公的年金制度改革の方針で、週末は年金の話題で持ちきりでした。

田中厚労相の目指す方針はこうです。
『加入者が多い厚生年金の財源は比較的潤沢だが、非正規労働者が増えてきた国民年金の基盤は弱く、将来的には給付水準の大幅な低下が懸念される。このため、厚生年金から国民年金へ財源を振り分けられるように財政調整を実施し、国民年金の将来的な目減りを抑える必要がある』
つまり『少子高齢化や非正規雇用の増加で国民年金の水準が大幅に低下しそうなので、それを抑えるために厚生年金の財源を国民年金に振り分けましょう』ということです。

これは当然、厚生年金加入者の反発を招きます。
それでなくても厚生年金の保険料率は18.3%と高く、半額を会社が負担するとはいえ給与の約1割を納付しないといけないからです。
高い厚生年金を納めているんだから、将来的には高い年金をもらいたい。
それは当たり前の感情だと思います。
しかしながら国民年金は基礎年金といって厚生年金の基礎部分でもあります。
基礎がしっかりしていないとどんなに2階部分を上乗せしても結果として沈んでしまう構造なので、基礎部分のてこ入れは仕方がないことかもしれません。

「それでもなんだか納得しがたい」「結構な年金保険料の負担をしているのだから将来はしっかり年金を貰いたい」という方には、確定拠出年金をお勧めしています。
最近だとiDeCoの愛称で知られる個人型確定拠出年金が話題に上ることが多いですが、社会保険料の負担軽減を考えれば圧倒的に企業型確定拠出年金(企業型DC)が有利です。
企業型DCでは、拠出した金額は社会保険料を算出する基礎となる報酬額から引かれるため、社会保険料が安くなります。
例えば2020年の群馬県の平均月収(月額31万300円)の人が2万1千円の拠出をした場合、給与から引かれる社会保険料は5,952円(40歳未満は6,558円)安くなります。
年額にすると71,424円社会保険料が減額でき(当然会社負担も同額の減少)、所得税、住民税も合わせると12万円ちょっとの減額となります。
年間で自分専用の年金として25万円積立できて、さらに12万円税金や社会保険料の負担が減る。
企業型DCは、じぶん年金づくりにも節税にも社会保険料の軽減にも大変役立つ優秀な制度なのですが、なぜか認知度が低く活用されない企業の方が多いのが残念です。

このブログをご覧いただき、企業型DCに興味がわいてきた方はぜひ弊社までご連絡ください。
お得な制度を有効活用して、自分の年金は自分でしっかりと確保しましょう!

2021.08.26
カテゴリ : 人事・労務

こんにちは、総務の藤井です。

新型コロナウイルスの感染拡大が止まりません。
第5波といわれる今回の感染者急増の原因は、インドで発見された「デルタ株」というコロナウイルスの変異型の感染力が非常に高いためだといわれています。
ここ群馬県も8月20日に緊急事態宣言の対象区域となり、弊社でも対応に追われています。

私ども採用担当としては、この期間に予定されていたインターンシップを中止にしました。
今年はこれまでの学びを進化させたスペシャルプログラムも用意して、準備万端整えていただけに残念です。
12日の解除明けを待って新たに日程を調整する予定ですが、今回キャンセルさせていただいた学生さんの中には夏休みのタイミングでないと参加できない方もいらっしゃったのではないかと思うと、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

インターンシップに関しては、昨年は8~9月の夏季と1~2月の冬季に開催していましたが、今年は9月以降も少しではありますが予定を組んでおこうと考えています。
遠方の方は難しいかもしれませんが、県内在住の学生の皆さんにはタイミングが合えばぜひご参加いただければ幸いです。
またオンラインでの開催ができるようなプログラムも開発していきたいと思います。

昨年に引き続き学生の皆さんにとっては大変な就活となりそうですが、私たち企業側も知恵を絞っておりますのでお互いにいい結果を得られるよう頑張りましょう。

2020.11.13
カテゴリ : 人事・労務

こんにちは、総務の藤井です。
年末調整の季節となりました。
今年の年末調整は、税制改正で基礎控除・給与所得控除などの改正があったため用紙が大きく変化しました。

これまでの年末調整では
・翌年分の扶養控除等(異動)申告書(通称「マル扶」)
・当年分の保険料控除申告書(通称「マル保」)
の2枚を基本として、配偶者がいる人は
・当年分の配偶者控除等申告書(通称「マル配」)
を加えた3枚を記入・提出する必要がありました。

今年も3枚なのは変わらないのですが、「マル配」と呼ばれる配偶者控除等申告書が「基礎控除申告書 兼 配偶者控除等申告書 兼 所得金額調整控除申告書」という長い名称に変わり、記入欄も大きく変更されました。
(この用紙の通称はどうなるんでしょうね?「マル基」?「マル基配」??)
これまで配偶者がいる人のみ提出していた用紙でしたが、基礎控除の申告書も兼ねているため全員提出することになります。
記入にあたっても所得の見積額に応じて記載箇所が異なるため、戸惑う方も多いかもしれません。
記入に不安のある場合は、遠慮なく弊社の担当者にご確認ください。

給与ソフトや労務管理ソフトのクラウド化に伴い、従業員本人に直接入力してもらう年末調整のペーパーレス化も進んでいます。
弊社もWeb給与明細を使用しているので、この機能を使って今年は社員に直接入力してもらおうと考えています。

シャコバサボテンのその後
あっという間に花芽が膨らみ、次々と開花しています。
春先に枝ぶりを整えなかったので形が悪いのはご愛敬で!

2020.09.30
カテゴリ : 人事・労務

こんにちは、総務の藤井です。

 

明日10月1日は弊社の内定式が執り行われます。

今年の就活はコロナ騒ぎで合同企業説明会などの中止が相次ぎ、学生にとっても企業にとっても不穏なスタートとなってしまいました。

企業ごとに行われる会社説明会も、中止やオンラインで行う所が増え、学生側も企業側も手探りの就職・採用活動となりました。

オンライン説明会やオンライン面接だと不慣れな人も多く、学生・企業共々自分達の魅力を十分に伝えきれなくて歯がゆい思いをした方も多かったのではないでしょうか。

 

昨日発表された第一生命の内々定者による「これからサラリーマン川柳」では、オンラインでの就活の苦労のにじみ出た作品が多く、改めて就活生の苦労がしのばれました。

「Wi-Fiの 調子で決まるよ 人生が」

「ピンポンと 面接中に 来訪者」

などの作品に、オンラインによる面接の難しさを感じずにはいられませんでした。

 

弊社では感染防止に留意しつつ例年とほぼ同様のスケジュールで採用活動を進め、なんとか4名の優秀な学生さんとご縁を繋ぐことができました。

明日はその4名と弊社経営陣の初の顔合わせです。(大半の役員は面接で会っていますが)

こんな状況下ですが、内定者には入社後の明るい未来を思い描いてもらえるよう、しっかりと私達の理想を伝えていこうと思います。

 

明日は中秋の名月でもあります。

あいにくお天気は良くないようですが、中秋の名月を前に新たな仲間が安心して働ける環境づくりを月に誓おうと思います。

2020.09.04
カテゴリ : 人事・労務

こんにちは、総務の藤井です。

 

今年も学生さんがインターンシップに参加する季節となりました。

多くの企業が新型コロナウイルス対策で四苦八苦していらっしゃると思いますが、弊社も参加人数を絞ったり開催場所を変更したりして、なんとか例年同様に開催できる手はずを整えました。

8月の下旬から5回ほどの予定ですが、ありがたいことに多数のお申し込みをいただいています。

 

これまでに作成したプログラムは3種類。

クリニックの開業を支援して考え方を学ぶ「起業コンサル」

会社の経営者となって経営を学ぶ「会社経営シミュレーション」

同じく会社の経営者となって人の働き方を考える「労務コンサル」

どれも参加者には大変好評で、私たちの仕事の一端を覗くことのできるプログラムとなっています。

 

そこに新たに今年、新プログラムを完成させました!

新プログラムの内容は「経営コンサルタントとしてお店の経営改善案を提案する」です。

実際の財務データをもとに、経営不振のお店のてこ入れ策を考えてもらい、それが財務にどのように影響するのかを計算していただきます。

現状把握、問題点の整理、改善案の決定、実施した場合のシミュレーションと内容も盛りだくさんで、面白くなること請け合いです。

 

その新プログラムの初回が本日開催されます。

学生さんらしい視点で、自身の経験を生かして、どんな提案が出てくるのか今から楽しみです。

1 | 2 | 3 ... 15
株式会社藤井経営
Copyright(C) Fujii Keiei Inc. All Rights Reserved.